営業職からタクシードライバーへと転職しやすい理由

今現在勤めている会社を辞めて、新しい職種にチャレンジするということは一見すると非常にハードルが高いことのように感じます。これまで培っていたスキルや特技がまったく生かせなければ、周りの足を引っ張ってしまうのではないかと考えて転職する勇気が出ないという方も中にはいらっしゃることでしょう。ところがそのような心配をしなくても良い業種があり、そのひとつがタクシードライバーです。特に営業職からタクシードライバーへと転職する際は、今まで培ってきたスキルを十二分に発揮することができます。ここでは、なぜ営業職だとタクシードライバーに転職しやすいのかと理由を詳細に解説していきましょう。

タクシーはどのような業種に分類されるのかご存知ですか。乗客を営業車両に乗せて目的地に運ぶので送迎業と思われるかもしれませんが、正解はサービス業です。乗客がお金を支払って目的地まで連れて行ってもらうというサービスを受けるので、このような区分となっています。つまりタクシードライバーとは運転手であると当時にサービスを提供する接客スタッフということになるわけです。この時重要視されるのは運転技術とプラスアルファ接客力であり、丁寧な姿勢と美しい敬語を巧みに操る必要があります。この時、営業職のノウハウが生かされるというわけです。営業では常に相手に対して失礼のないような態度と言動を心掛けなくてはいけません。身だしなみにも気を遣い、清潔感があふれる姿を心掛けることで円滑な営業活動がおこなえるものです。この姿勢をそのままタクシードライバーとなっても使えるので、新しく接客指導と受けて学ぶ必要はありません。

営業職の場合、外回りのシフトや時間配分なども自身でおこなうことが一般的です。今現在取り組んでいる事柄と並行して新たな販路や取り引き先を開拓したりと、計画的な思考を常に磨き続けておかないと円滑に業務を全うできません。この行動を論理的思考行動といいますが、これはタクシードライバーにとっても非常に重要な思考です。たとえば営業車両で乗客を目的地まで送っている時、営業所から送迎依頼が来るとします。この時、どのようなルートを使用したら何分後の依頼者の元に向かえるのかを瞬時で割り出す必要があります。この論理的思考行動は経験を積み重ねないとマスターできませんが、長い期間営業職に就いていた方だと即戦力となり得るタクシードライバーになれるわけです。

コメントは受け付けていません。