タクシー業界に女性が転職するメリット

最近では、タクシーを利用した際に運転手の方が女性である場合が増えてきていると実感している方もいらっしゃるかもしれません。実際、昨今の人手不足の中で、ドライバーの高齢化が進展しているタクシー業界では、人手不足と企業の従業員平均年齢の若返りも目指し、女性ドライバーの転職者を積極的に採用を行うタクシー企業が増加している事実があります。従来は男性社員が多かったタクシー業界ですが、女性が転職進出している理由には、企業自体が積極的に採用を行うこと以外にも、業務自体にメリットが多くあることはあまり知られていません。今回は、女性がタクシードライバーを仕事にするメリットを紹介します。

まず、大きなメリットは、勤務時間をある程度自分の裁量で決定することができるという点です。多様な勤務形態が用意されているのはタクシー会社ならではといえます。例えば、丸1日勤務の上で、翌日休みを取るというローテーションの隔日勤務や、日中のみ勤務する日勤勤務、夜間から明け方の勤務の夜勤勤務などの勤務手形態が一般的です。企業によりフレックスタイム制を導入している場合もあります。さらには、タクシー会社によってはハイヤー業務も実施しているところでは、企業と法人契約を結び、企業の幹部の送迎を受託している場合も多いです。この場合も基本的には日勤帯の勤務となるため、比較的勤務時間を固定することができます。このように、育児や家事との両立を考えた際にさまざまな勤務ができることは女性においては大きなメリットでしょう。

また、最近では、研修制度を充実したり、新しいテクノロジーを導入するタクシー会社が増加している点もメリットです。タクシードライバーには二種免許が必要ですが、多くのタクシー会社では、二種免許を持っていなくても入社してから取得のための研修を提供している会社が多くあります。また、業務に用いる自動車もオートマチックトランスミッションであることはもちろんですが、様々な運転アシスト機能を有した車種を採用しており快適に運転できます。また、従来は道路を流し運転しながらお客さまを見つけるということが一般的でしたが、スマートフォンの普及により、スマートフォンからの乗車申し込みを受けて、お客さまのところまで駆けつけてサービスを提供するケースが増加の一途です。つまり、運転における負担だけでなく、お客さまを見つけるという営業負担も昔と比べ格段に減少しているのがタクシー業務なのです。このように、女性に働きやすい環境に変貌しているタクシー業界も転職や育児後の再就職を考えている方は就業する業界として検討する一つとしてみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。