タクシーの転職が難しいと言われるポイントを抑えておけば失敗を防げる

タクシードライバーになってよかったという人もいれば、後悔している人もいます。転職してから思っていたより稼ぐのが難しい仕事だと気づく人もいます。タクシー業界の給与形態は歩合制を導入しており、固定制に慣れていた人からすれば大変に感じるかもしれません。歩合制は頑張りが評価されるので好きという人がいる反面、稼ぎが不安定になりやすいので給与を安定させるのが難しいという声も聞かれています。年収自体が減ってしまうのも、タクシー業界への転職でよくあるパターンです。初めてタクシー業界に飛び込む人たちは、概ね40代や50代が多いです。一般的な業界では40代以降でまったく新しい業界に飛び込むのは厳しい現実でしょう。タクシー業界に関しては年齢はあまり問いませんが、全職種の平均と比べて給与は下がってしまう傾向があります。

タクシーに転職して難しいと感じるポイントは、やはり稼ぐこと全般に関することです。夜勤をすれば稼げるけど、夜勤はどうしても合わないという人がいます。タクシーの基本の勤務形態は隔日になりますが、これは一般的な会社員の勤務スタイルの日勤より高収入を狙えるからです。深夜は特に稼ぎ時で、お酒を飲んでクルマを運転できない方がタクシーを利用するためです。思うように稼げないとストレスを感じてしまい、運転に支障が出てくることもあるでしょう。歩合制で働くということは、時間が勝負になることを意味します。限られた時間で少しでも稼ごうと考えれば、必然的にスピードオーバーになったり、交通ルールに違反したりする頻度は多くなりがちです。当然ながら違反をして反則金や罰金を支払うことになれば、稼ぎは大きく減ることになります。

隔日スタイルは16時間勤務になるので、集中力をいかに維持するかがポイントになります。クルマの運転が大好きという人でも、趣味のドライブと仕事では事情が変わってくるでしょう。タクシーに転職してから、趣味のドライブはほとんどしなくなったという方もいます。また運転時間に比例して事故率は高くなりますので、マイカーを運転するとき以上に安全運転を心がける必要があります。タクシー運転手になって、運転をしながらお客さんとの会話をするのが難しいと感じたという方も多いです。二つのことを同時にすると、一方がおろそかになるという方は少なくありません。運転と会話をバランスよく両立させるには、とにかく慣れるしかないのです。初心者のころは難しいと感じていたことが、難なくこなせるようになったらベテランに近づいている証拠です。

コメントは受け付けていません。