タクシーとハイヤーどちらのドライバーに転職するのが良いのか?

運転免許証を持っている人で、お客さんとのコミュニケーションが取れる人であれば誰もができるタクシードライバーやハイヤードライバーですが、他の業種からタクシーやハイヤーのドライバーに転職するとき、どちらを選ぶのが良いのか悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。転職先としてドライバーの仕事をするためには、車の運転が得意であることや接客マナーをしっかり守ることが基本、この基本的なことをしっかりできる人であればタクシーやハイヤー業界への転職は有利になります。

タクシーとハイヤーは、時間や距離で料金を請求するなどの共通点がありますが、ハイヤーの場合は専属のドライバーになることもある、タクシーよりも最上級のサービスを提供する関係からも、高級車のドライバーになれるなどの魅力もあります。なお、ハイヤードライバーに転職した人の中には最初はタクシーの運転手さんを検討していたけれども、一期一会の出会いではなく特定のお客様との長期的なお付き合いを行い、そのお客様に合ったサービスを提供したいと考えハイヤーへの転職をされた人もいるようです。元々、レンタカーお店でアルバイトをして接客の楽しさを知っていた、そのときよりも1対1であると同時に深い付き合いを実現できる接客業を検討、タクシーやハイヤーのドライバーならそれが実現できるわけです。

タクシーの場合は、タクシー乗り場でお客さんが来るのを待っていた李、道路を走行中に手を上げている人を見かけた際に乗車して貰う、無線で入って来たご予約のお客様のお迎えに行くなどが主な営業の仕方になりますが、ハイヤーの場合は完全な予約制であり数日前から予約を受けて準備をする必要があります。目的地は駅や空港、病院などのような生活に欠かせない場所の場合もありますし、旅行の際の案内役をつとめることも少なくありません。旅行の案内の場合は、旅行先のことについて事前に情報収集をしてガイド役を担うこともある、お客様が求めていることを実現するなどの楽しさもあるといいます。単に、目的地までお客様を乗せて車を運転するものとは異なり、ハイヤーにはワンランク上の接客ができる魅力を持つ職業といえるのではないでしょうか。転職に成功した人の中には自分にしかできない仕事ができるのがハイヤーのドライバー、その仕事は決して難しいものではなく揺れが少ない運転を心がけたり、車の中を常にきれいに保つなど些細な気遣いを続けることだといいます。

コメントは受け付けていません。