タクシー会社への転職でもらえる入社祝い金

タクシー会社に転職する場合、その会社を選ぶ時のポイントとなるのが入社祝い金の存在です。入社祝い金はその会社に採用され最初の給料日に上乗せされて支給されるお金のことで、特に歩合制であるタクシードライバーの場合にはそのお金は貴重なものになります。タクシードライバーへの転職は普通自動車免許があれば比較的容易に行えるものですが、人を乗せてお金をもらって車を走らせる場合には第二種普通免許が必要です。しかし普通の人は二種免許を最初から持っているという人はほとんどいませんから、タクシー会社がその取得に支援してくれます。二種免許取得するまでの期間としては2週間程度かかるものですし、無事に取得できてもその後にタクシードライバーとして働くための講習や研修を受けなければなりません。このため実質的にタクシー会社に転職したとしても1ヶ月目は養成機関となり完全歩合制のタクシードライバーとしては、無収入または基本給だけの状態になる可能性があります。その点で入社祝い金があれば最初の給料が保証されているものですから、安心してタクシードライバーに転職することができます。

タクシー会社のすべてが入社祝い金を設けているわけではありませんし、その金額についても明確な基準があるわけではありません。このため、転職でタクシー会社を選ぶ時には入社祝い金の存在や金額、もらえる条件など十分に確認しておく必要があります。一般的に多いものは、入社が決まって2ヶ月後に支払われる最初の給料に上乗せして支払われるというものです。支度金ではないので、もらえる条件としては一定期間会社に所属していることが条件で二種免許の取得や講習や研修など養成期間でも会社の指示に従って行っている必要があります。なお入社祝い金がもらえない条件で多いものでは、タクシードライバーとして働いていてその会社に一年未満程度しか勤務していないケースです。これは短期間に他の会社に移ることで入社祝い金だけをもらうのを防ぐためと考えられます。

いずれにしてもタクシー会社への転職を考えた場合、入社祝い金の存在は大きく特に初心者の場合にはタクシードライバーとなってもなかなか上手く稼げるというものではありませんから、最初の給料は少ないものになりがちです。また初めてタクシー会社に入った場合には二種免許の取得や講習や研修を受けなければならず、十分な給料を得ることができません。その点で入社祝い金があれば少なくとも最初の一か月に関しては、安心することができます。

コメントは受け付けていません。