タクシードライバーへの転職と気になる給料

タクシードライバーへの転職は、他の業種とは異なってあまり年齢制限がないので、転職しやすいメリットがあります。面接の際に問われるのは、事故歴や違反歴は記録された運転履歴や持病の有無なども問われる可能性がありますが、それらに問題がなければ、つまりお客様を安全に乗せることが確認できれば、採用される可能性が高いです。ただ、タクシー会社に転職する際には、きちんと給料についても調べておく必要があります。家族を養わなければならない方の場合、お金はいくらでも良いというわけにはいかないからです。しかし、身近なタクシードライバーという仕事の給料はどのくらいなのか把握している方はそう多くはないようです。

タクシードライバーの平均的な給料は、日本人の平均年収と比較すると平均を下回っているのが現状です。地域差があって東京や大阪などの都心部だと、450万円前後あり日本人の平均年収並みなのですが、地方都市になると350万円前後まで下がってしまいます。人口比がストレートに給料に反映すると言っても過言ではありません。また毎年発表されるタクシードライバーの年収は、その年によってかなりばらつきがあります。これはその年の景気に大きく反映されるからです。最近は外国人観光客に増加に伴い観光地のタクシードライバーの年収がアップする傾向がありましたが、2020年はコロナの問題で大きな打撃を被っています。このような現実を無視して転職を決めるわけにはいかないでしょう。しかし現役のタクシードライバーの多くは、努力は報われると思っています。確かに浮き沈みはありますが、しっかりと家族を養ってきたドライバーが大勢いますので、食べていけない仕事というわけではありません。

タクシードライバーの給料は、基本給は半分程度、残りは歩合制となっています。歩合率が高いほど給料がアップする可能性が高いということができるでしょう。地域によっては1,000万円を超える年収を稼ぎ出している同労者もいます。1,000万円を超えるドライバーというのは、稼ぐコツを知っていますし、運もあるのかもしれません。逆に、最初から安定した給料を求めている方には、向いていない仕事かもしれません。また1日の労働時間が長く24時間労働で、実質出勤日数は13日前後です。かなりハードワークとなるというイメージがあるかもしれません。ただ、お客様のいない間は休むことができますので思っているほどハードではありません。

コメントは受け付けていません。