タクシードライバーに転職してよかったと思えること

近年非正規雇用が増えている日本においては、ひとつの仕事に固執せずに他の仕事をする転職という手段を選ぶ方も増えています。そのような中でタクシードライバーという職業についても転職する仕事の中で結構多くの方が選らばれる職業です。しかしタクシードライバーというと、最近は強盗に入られてしまったりする場合もあったりとデメリットの部分が報道されているので、転職するのに躊躇してしまっている方も多いのが現状ではあると思いますが、実際にタクシードライバーの仕事というのは、メリットとデメリットはどのような部分なのか気になっている方も多いでしょう。

まずタクシードライバーの仕事のよかったと思える点としては、朝の点呼以外は一人で仕事が出来るという点です。職場に出勤して、点呼を受けたらその後は外に出てしまうので、嫌な同僚や上司に色々と言われることもないので、とても気楽に仕事をすることが出来るのです。一人で黙々と仕事をするのが好きな方には打ってつけです。また、完全に接客らしい接客というのもありません。面倒なお客だと思ったら、さっさと目的地に送り届けてあげれば良いし、一緒に乗っている時でもあくまでもお客さまを目的地に連れていくのが仕事なので、話す必要がありません。そういった点から考えても、接客が苦手な方にもおすすめ出来るのです仕事であると感じます。また、余談ですが、多くのお客さまがお釣りをいらないと言ってくれたり、わざわざ多めに支払ってチップとして頂けたりするので、そういう時が働いててよかったと思える点でもあります。

タクシードライバーをやっていてメリットが多いですが、デメリットも多少はあります。それは最初にも言いましたが、強盗に入られて命の危険があるかも知れないと言うことです。メリットでもある一人で仕事が出来るという点に対して、一人での仕事なのでセキュリティが弱いという点です。それはお金の入っている車に一緒に乗っているのだから、お金を奪ったりするチャンスが相手側にも多分にあるのです。その部分に対しては、タクシー会社もドライブレコーダーや車内カメラを設置することで対策をしているので、そのような危険に晒される危険性は少なくなっている点が以前から比べれば、よかったと思える点です。転職をするということは、人生においてかなり大きな決断です。収入面も大切ですが、転職してよかったと思えるような仕事を選ぶことが大切であると思います。

コメントは受け付けていません。