タクシー運転手の転職がおすすめな理由

転職のしやすい時代になりつつあるものの、未経験分野へ進むことに不安を感じる方も多いのではないでしょうか。そんな中でおすすめなのがタクシー運転手への転職です。

目的地までを自動車で移送するタクシーは、おもてなしの国である日本にとって非常に重要な存在です。日本のタクシードライバーは諸外国と比べても、安全面やホスピタリティ面で優れているとされます。昨今では、カーナビゲーションシステムが普及したことでそれほど道に詳しくない方でもタクシー運転手になれるようになりました。タクシー運転手に転職する上で多くの方が不安視するのは、休みが少ないのではということです。イメージで休みが少ないと思われがちなタクシー運転手ですが、多くの方は隔日勤務を行っています。1か月のうちの平均的な勤務日数は12日程度であり、決して勤務日数が多いわけではありません。ただし、1回の出勤では20時間ほどの拘束時間となります。それだけを聞くとハードなように感じる方も多いかもしれません。しかしながら、勤務時間のうち3時間以上の休憩が義務付けられています。他の仕事と比べても休憩時間は決して短くありません。タクシーにとって最も大切なのは事故を起こさないことです。事故が起こってしまうと利用者や運転手はもちろん、所属している企業も大ダメージを受けます。そのようなことにならないために、各企業は運転手に十分な休息を取らせることを心がけています。

転職をしようと考えている方にとっての大きな不安の1つとして、収入面がどうなるのかということがあります。タクシー運転手の収入は売上に対する歩合制となっています。成果を出すことにより収入が増えるので、やりがいがあるといえるでしょう。ただし、売り上げが悪ければ実入りが減るのも事実です。完全実力主義となります。努力次第で収入を増やすことが出来ることも特徴といえます。

運転やコミュニケーションが好きな方にとっては、タクシードライバーは非常に楽しい仕事といえるでしょう。一方で運転が好きでもコミュニケーションが苦手という方は少し不安があるかもしれません。ところが、近年では運転手と会話をあまりしたくないお客さんもいるので、コミュニケーションが苦手だからといって必ずしも出来ない仕事とはいえません。転職をする際にはいずれの場合でも適性を知っておくことが重要ですが、運転手が向いているという方も少なくないといえるでしょう。