mitの学生がカジノに乗り込む映画です

日本でもカジノの施設が建設され、そこでギャンブルが行われる時代がすぐそこにまでやってきます。IR推進によって、飛躍的な経済成長の起爆剤にしようという発想からです。事実、海外での事例を見ますと、ほぼ例外なく、カジノが建設されたことによって観光客が増加し、消費増大に貢献しています。当然、税収も伸びますので、その結果、住民の福祉も前進するという好循環が生まれています。海外では実際にそういった例が多く見られるところから、日本でもIR施設を設けて、とりわけカジノを目玉に観光客の誘致に邁進しようとの方向性を打ち出したのです。一部には、ギャンブル依存症が横行するのを許せないとか、暴力団の資金源になるとか、治安が悪くなる、といった懸念もあります。ただ、海外での今までの例を見る限り、適切な管理を厳格に行うことで、相応の抑止ができているのは事実です。

日本でも、IRの検討に入った初期の段階では、東京オリンピックが始まる前にカジノができればタイミングとしては理想的である、との見方をされていました。ただ、慎重論が多いところから、その対策のために日時がかかっていて、現実的には202年までの完成は工期的に無理なようです。しかし、経済効果が期待されているところから、経済界からは熱い期待の声も出ています。いま、ネット配信動画で、『ラスベガスをぶっつぶせ』という映画があります。ユニークな展開となっていて、大変に好評です。ラスベガスのカジノというを舞台にして、のカジノで、一攫千金を夢見て思い切りゲームをしたいとの夢は、誰しもが心の片隅に持っているものです。米国の一流大学であるmitの学生や卒業生たちが、類いまれな優秀な頭脳をくしして、ギャンブルで大儲けをした、という実話に基づくストーリーです。

mit、つまりマサチューセッツ工科大学学生がハーバード大学の医科大進学を希望しているのですが、学費が足らず困っていました。そんな彼は、ブラックジャックというのは、多くのギャンブルの中にあって、プレイヤーのほうがディーラーよりも有利であるゲームであることが、数学的な理論で証明されていることに気づき、賞金稼ぎのために、天才チームの一員としてラスベガスに乗り込んでいきました。そこから実に奇想天外なストーリーが展開していくのです。見ていても興奮が禁じ得ません。そもそも、カジノはそういった夢を見させてくれる場でもあります。国や地域の経済活性化のみならず、市井の人々にうまく行けば大儲けができるとの希望をもたらしてくれる存在でもあります。昔から、ギャンブルが楽しまれてきたのには、そういった側面があるからです。

もしカジノに行きたくてもいけない方はオンラインカジノで試してみてみるといいかもしれません。エンパイアカジノはこちらからどうぞ。

コメントは受け付けていません。