みなとみらいにカジノを誘致する計画もある

日本最大の政令指定都市として有名な横浜は、世界各国から船舶がやってくる国際貿易港の一つですが、その横浜市のみなとみらいエリアにカジノを誘致する計画があります。このエリアは集客力が抜群に高いので、建設することで莫大な観光客を取り込むことが出来、もし国内でカジノをやっても良いという方向に行けば誘致することは確実です。横浜は全世界に知名度があり、海外の観光客も電車一本で来ることができるエリアですから、交通の便にも問題はなく何より大都市であることで日本国内の観光客を呼び込める力もあります。横浜市というブランドはかなり強く、毎年関東の圏外から多くの人々がやってきます。その人たちをうまく呼び込めれば横浜市が更に潤っていくことにもつながっていくので、自治体はもちろんのこと市民も関心を寄せています。

みなとみらいでカジノが作られる際には、鉄道会社が主体で開発を行うことが予測されています。鉄道会社ならば資本力もかなりあり、必要に駆られれば鉄道をカジノまで延伸することもできるので、交通機関の開通を自社で行えるという強みがあります。鉄道会社は不動産も多く持っているのでそれらをカジノに開放することで、安定した収益が得られるのでカジノの誘致は鉄道会社の中でも一大プロジェクトとなることでしょう。もちろん広大な敷地が確保できる場合には、外資系の企業が参入してくる見込みは大いにあるので、適度な競争の中でサービスが洗練されていくこととなります。複数のカジノができれば当然そこにはホテルも建つことになるので、周辺経済がかなり潤い、横浜市と神奈川県が多くの税収を得られることになるのです。

みなとみらいに遊技場ができると、それらは世界各国で採用されているIRという形式のリゾートタイプの遊技場が出来ることになります。IRはギャンブルに興味がない方でもその周辺施設で楽しめるので、ショッピングや映画を楽しんでみたり色々な遊技場以外のアミューズメントも多いので、観光客がギャンブル以外の目的で行っても楽しめます。これらが誘致されるということは当然そこで働く人を雇用しなくてはならず、莫大な雇用がみなとみらい周辺で生まれることとなります。関東は就職状況が悪い地域ではありませんが、求職中の人でもすぐに働ける職場があるので、失業率の低下につながりみなとみらいの遊技場があることで住民の生活も豊かになっていきます。みなとみらいにカジノを誘致することはかなりメリットが多いです。

コメントは受け付けていません。