宮崎はカジノ誘致に適している

日本国内の様々な自治体がカジノ誘致に興味を持ち始めていますが、それらの候補地の中でもかなり誘致に向いているのが宮崎です。県内は温暖な気候の地域なので、年間を通して気温が高く観光地もかなり多いので国内外から集客できる力があります。人口はそこまで多い地域ではありませんから、余っている土地も多く地価もお手頃価格なので、国内の企業が誘致する場合でも、外資によって誘致が行われる場合でもリゾート型で構想を立てて行きやすい地域となっています。自治体の首長は実際に誘致を積極的に考えている人も少なくないので、合法化となれば誘致への議論が本格的に進んでいくこととなります。日本の他の自治体と同じようにカジノを呼びこもうとしている地域ですから、解禁されれば関連施設が建設される可能性はあります。

宮崎がカジノ誘致に適しているというのは単に気候や地価の安さだけではありません、この地域は古くから観光客を呼び込んできた場所でもあるため、観光客が増加することに対して消極的な考えの人はあまりおらず、むしろ積極的に観光客を呼びこもうと考えているホスピタリティにあふれた県民性があります。これにより国内外から観光客を誘致しても違和感なく接客対応に当たることができるので、地域とそこに住む人々がカジノ誘致に向いているのです。まだ住民に対して意識調査が行われてはいませんが、公式に遊技場誘致に関するアンケートがとられた場合には、興味を示す住民も一定数いることが予測されています。九州はカジノ誘致に適した魅力的な地域が多いですが、宮崎もその地域の一つであり建設を進めた場合にも比較的容易に用地の確保が行えます。

税収面と自治体全体の収入源の問題からも、宮崎はカジノ誘致を積極的に考えたほうが良い自治体です。観光地とはいえど、若者の流出は他の地方と同様に起こっており、毎年職を求めて大都市への人口流出があります、しかしカジノができれば若者が働く商業施設やホテルに遊技場もできるので、多くの雇用が生まれその結果として雇用情勢の改善にもつながっていきます。遊技場建設をすることは自治体の税収面でもプラスになり、税収の改善によって地域経済もプラスに成長していくので、県の将来性を考えるのならば誘致を検討したほうが賢明であるとも言えます。宮崎にカジノができればそれなりにお客さんが来るので、その観光客たちが周辺施設で消費活動をしてくれるおかげで、自治体全体がかなり潤うこととなりプラスの面が多くなります。

コメントは受け付けていません。