カジノはマレーシアにもある

アジア諸国にはいくつかの国々でカジノが解禁になっていますが、マレーシアでも政府公認のカジノがあります。営業している場所はリゾート地にある一箇所のみですが、他の国と同じようにチップを購入してゲームに賭けることができるので、一攫千金を夢見てプレイしたり、雰囲気を楽しんでプレイをすることで旅の良い思い出となります。中心都市のクアラルンプールからは少し距離が離れていますが、国内を代表するリゾート地に立地しているので交通アクセスは良好でバスで向かうことが出来ます。国内からはパックツアーの提供もされていますから、興味がある方はぜひマレーシアに行って実際の遊技場の雰囲気を体感するのも良いでしょう。主要都市の空港から直行便が出ているので飛行機で行く場合には乗り継ぎ無しで行ける場合もあります。

マレーシアのカジノで遊べるのはルーレットとバカラにブラックジャックの三種類です。ルーレットは奇数偶数のどちらかにかけたり、数字や色にかけてみたりなどと色々なかけ方があり、場所によって倍率がかわります。止まる確率が少なければ少ないほど多くのチップが戻ってくるので、大逆転を狙うことができるのもルーレットの面白い所です。運試し的要素の強いルーレット以外にもカードゲームがあるので、バカラやブラックジャックが得意な方はぜひチャレンジしてみましょう。カードゲームでも勝てばチップが増えるので、購入したチップの額よりも大きくなれば利益になります。どのゲームにも専属のディーラーがおり、一流のサービスでもてなしてくれるので、優雅な気分で遊べるのもマレーシアのカジノの良い所の一つです。

マレーシアのカジノでは遊べる年齢に制限があります。21歳以上でなければ入場することは出来ず、観光客の場合は必ずパスポートでの年齢確認をします。日本語で書かれている身分証明証を持って行っても通用しませんので、確実に年齢確認ができるパスポートを忘れないようにしましょう。また高級リゾートの中にあるのでドレスコードも存在し、襟付きの服を着て入場することが推奨されています。もし襟付きの服を着ないで入った時には入場を拒否される可能性もあるので、正装までは行かないものの、襟付きのシャツを着て入場することにしましょう。マレーシアのカジノでは他の国と同じように年齢制限とドレスコードの存在がありますが、これらを守ることで楽しめるので、成人で対象年齢の方はぜひ出かけてみましょう。

コメントは受け付けていません。