カジノは漫画の中の世界とは違って安全です

日本は法治国家であり、法律に基づいて物事が処理されているのは当然のことです。現在の日本では賭博行為は特別な例外を除いては禁止されています。たとえば、競馬や競輪などは公営競技として、また、パチンコはギャンブルではなく遊技として解釈されることで、違法性を逃れた形をとっています。しかし、2016年に、カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備を政府に促す議員立法である、通称カジノ解禁法が国会で成立いたしました。これによって、法整備の必要性に迫られることとなりました。カジノの場合、民間業者が運営に当たりますので、公営競技ではありません。また、民間業者が営んでいる民営のパチンコについても、現行の脱法状態のままで黙認していていいのか、解決すべき課題に直面することとなりました。

IR推進法には、法律問題以外にも波乱含みの問題が多く潜んでいます。カジノ施設を運営するところから派生する事柄です。最大のものは、ギャンブル依存症が増えることへの対策です。現在でも、パチンコや競馬、競艇などに湯水のごとく金銭をつぎ込んで、生活費すら失っている人は少なくありません。金銭的な問題だけにとどまらず、ギャンブルにことが頭を占めて、ほぼ一日中、賭けのことしか考えていない状態に陥る事例もあります。自由な時間はずっとパチンコ店に入り浸っている依存症者は、決して漫画の世界だけの話ではなく、現実に存在しています。中には、メンタル面に異常を来たしたり、自分で自分の命を絶つケースもあるほどです。本人だけでなしに、社会にも不幸をもたらすギャンブル依存症対策の増加を懸念する声は小さくありません。

勝率100%!?カジノの攻略法・必勝法は本当に存在するのか

さらに、治安悪化を心配する向きもあります。日本では、いままでカジノがありませんでしたので、ややもすれば憶測での情報によって印象付けられてしまう側面は否定できません。映画や漫画でカジノが取り上げられると、必ず裏社会の集団が出てきて、施設の運営や利権をめぐっての抗争事件が起こる場面が出てきます。そんなイメージがありますので、カジノができると暴力団同士の血で血を洗う抗争事件が頻発すると思っている人もいるかもしれません。ただ、海外の事例を見る限り、それは杞憂に終わると言えるでしょう。というのは、どの国でもカジノ会場のセキュリティには万全の配慮を行っています。ほとんどの国では、入場時に身分証明書でのチェックを行います。また、会場内には防犯カメラが設置され、警備員が常駐して、不審な動きがあるとすぐに対処します。現に、シンガポールなどでは、IR施設が稼働してからのほうが犯罪発生率が下がったほどです。

コメントは受け付けていません。