消費者の目を引くランディングページに必要なデザインとサイズとは

多くの企業が作っているランディングページですが、その中には消費者の目を引くページと目を引かずスルーされてしまうページとに分かれています。ランディングページに訪れる消費者の多くは、ファーストビューと言われるスクロールしなくても見れる範囲のデザインを見て、そのランディングページを見るかどうかの判断を下します。よって、ファーストビューが魅力的でない、もしくは訪問した消費者が求める商品ではないと判断されたときは、すぐに離脱されてしまいます。ファーストビューで離脱する消費者は、約70%以上といると言われており、ファーストビューのアピール力はとても大切です。
消費者に最初にアピールするランディングページのファーストビューのサイズは、パソコンで縦550pxほど、スマートフォンで縦460pxほどは必要です。ファーストビューは、訪れた消費者がスクロールせずに見れるサイズが理想的であり、この範囲に魅力的な要素を含む必要があります。そこでファーストビューに入れておきたい要素ですが、一目でどのような商品なのかがわかる画像はもちろん、それと共に目立つ申し込みボタンを設置しておきます。そして、その商品がどれくらい評価されているのか、魅力的な商品なのかがわかる数字を入れます。口コミサイトで表彰を受けたことがあるならその実績を表示したり、売上個数などの数値を王冠やメダルなどで華やかに表示したりします。ファーストビューに入るキャッチコピーはその商品を購入するであろう、消費者視点でのキャッチコピーを入れます。消費者視点でなく、企業目線は信頼の証とも言えますが、ランディングページに訪れる消費者にとっては、必ずしも魅力的な要素になるとは限らないのです。あとは、その商品の名前や価格、入っている量や使用できる期間や定価など、基本的な情報を入れておきます。最後のひと押しとして、購入したくなるもしくは気軽に試そうかなと思える文言を小さく、お申込みボタンの近くに記載しておくとファーストビューとして完璧な仕上がりです。
ランディングページを作る上で大切なことは、最初に消費者の目に止まるファーストビューをどれくらい魅力的なものにするかです。思うような売上につながらないランディングページがあるなら、まずはファーストビューのデザインを見直してみましょう。ファーストビューの修正をするだけで、大きな売上げアップにつながるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です