気になるランディングページのデザイン費の相場とは

ランディングページを作成するにあたって、デザイン費が気になるという企業は多いでしょう。
実際にランディングページの作成を行っている企業、およそ30社のデザイン費を調査してみると、20万円以下の企業がおよそ70%を占めていました。
その為、インターネットでランディングページの作成を依頼する企業を探す場合、20万円以下の予算でも多数の企業を見つける事が出来ると言えるでしょう。

出来れば安いデザイン費で、ランディングページの作成を依頼したいと、ほとんどの企業が考えているはずです。
しかし、いくら安くとも成果が出なければ、ランディングページを作成した意味がありません。
そこで、成果を上げる事が出来るランディングページを作成出来る企業に、依頼するのが一番です。

では一体、成果を上げるランディングページとは、どのようなものなのでしょうか。
まず、集客元となるリスティング広告と内容の整合性が取れているかどうかです。
整合性が取れていない場合、顧客は間違ったページに来てしまったと感じてしまいます。
これでは当然、成果を上げる事は不可能でしょう。
そこで、リスティング広告の担当者としっかり連携が取れる担当者のいる企業に、作成を依頼しましょう。
続いて、どのようなキャッチコピーを考えているかです。
キャッチコピーは顧客をランディングページに繋ぎとめておく、とても重要な内容です。
そんなキャッチコピーをしっかりと提案してくれる企業に、作成を依頼するようにしましょう。
キャッチコピーがぼんやりとしていて、顧客のハートを掴む事が出来ないようであれば、成果は上がりません。
また、内容の修正を常に行ってくれるかどうかも、重要です。
例えば、より良いキャッチコピーが出来た場合、すぐに修正を行ってくれるでしょうか。
このように、内容の修正を迅速に行ってくれる企業ならば、例え最初は成果があまり上がらなくとも、将来的には高い成果を得られる確率が高くなります。
こうした内容の最適化を、サービスに組み込んでいる企業は少なくありません。
是非デザイン費だけで選ぶのではなく、内容の最適化も実施している企業を選んで、作成を依頼しましょう。
つい安いデザイン費の企業に依頼しがちですが、1度作成したら内容を2度と修正する事はないといった企業ならば、依頼しても意味がありません。
そんな企業を選んでしまわないよう、デザイン費だけでなくサービスの充実度もチェックしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です