ホームページビルダーで目を引くランディングページを作成する

ランディングページは、SEO対策を施した宣伝を主に行う為のWeb媒体です。このページから販売サイトへと誘導するのが一般的な使われ方であり、ランディングページを作成する方法はコーポレートサイトやECサイトなどを作るのと大きな違いはありません。但し、ランディングページは、一ページで商品の紹介から効能・効果についての説明、顧客からの感想などの内容を盛り込んで構成する必要があります。また、検索エンジンへの最適化を図っておく必要がありますので、必要最低限のSEO対策を実施します。制作ツールとしては、ホームページビルダーなどの統合開発環境を活用すれば、視覚的にチェックをしたり、デベロッパーツールによってソースコードのチェックやテストを行えますので、適切なページ作りが行えます。

ランディングページを作成するのにホームページビルダーは適しています。このソフトウェアは、テンプレートが複数搭載されていますので、一般的なWebページを作成したり、宣伝用のページを作成したりするのに便利です。ランディングページを作る時は、コンテンツの組み立て方が重要になってきます。基本的なレイアウトは縦スクロールですので、それに合わせて、商品写真とその商品のキャッチコピーや通常価格よりもお得である事を強調する表現を行います。原材料にはどのような栄養素が含まれているのか、商品を使えば、どのような効果が得られるのかなどを順番に説明する感じで起承転結を意識しながら、文章コンテンツを組み立てていきます。

ホームページビルダーは、ワープロ感覚で各要素を埋めていく事が出来るツールですが、HTMLソースコードやCSSのソースコード、JavaScriptのソースコードを細かく修正したり、正しくページが動作するのかをチェックする為の機能が搭載されていますので、ページの制作から動作テストまで一貫して行えます。目を引くデザインを重視して制作していく場合には、別途画像編集ソフトウェアを使ってモックアップを作っておきます。モックアップをホームページビルダーに取り込んで、その上から要素を当てはめていく事で、デザインの崩れを減らす事ができ、モックアップに近いWebページに仕上げていく事が出来ます。ランディングページのように縦に長いページの場合はレイアウト崩れが起こりやすいですので、モックアップをベースにしたホームページビルダーによるランディングページ作りは効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です