ランディングページのデザイン製作の価格は

ランディングページは、宣伝リンクをクリックした祭に表示される長い1ページがほとんどです。通常のサイトへのリンクと異なり、特定の宣伝に特化したページで、LPと略されていますが、このLPのデザイン制作の善し悪しで売上げが何十倍以上も違ってきます。製品などの紹介が適切で、デザインセンスが良く、製品の内容が一目で分かり、その場で買いたくなるランディングページでなければなりません。単なる画像と文字だけでは人を惹き付けることが難しいので、素人がいきなり作れるものでもありませんから、その道に精通した専門家に依頼する事になります。

文章と同じで1ページでも製品販売の起承転結が入るような工夫が要ります。写真や画像の配置、必要最低限の文言、購入特典や購入ボタンの挿入も必要になります。売れているランディングページはそれなりの創意と工夫があり、またデザインセンスもあります。結果として、価格が高いランディングページほど、上質な仕上がりになっています。こうしたランディングページデザインの価格は約10~60万程度が相場になっているようで、最近ではマンガやイラスト入りのランディングページも増えてきています。売上げに大きく影響を及ぼすものですから、この制作の重要性は言うまでもありません。

依頼する場合は、基礎資料として商品の写真素材、商品の特徴、他の製品との違い、お得感の文言等を用意して、制作者と戦略を練ってから、デザインの作成に入って貰います。その時点で価格も決まってきます。有名な会社のランディングページを作成しているデザイン会社を調べておいて、候補を絞ってから依頼することになります。ページの出来映えは、ほぼ価格に比例すると思って良いでしょう。顧客側からみて魅力のあるページが出来上がれば、ランディングページはその製品だけを見たくてリンクをクリックして閲覧に来てくれる訳ですから、購入に至るかどうかを決定し、実際それは得る挙げに直結します。

だらだらと長い説明が続くページでは、見る方も嫌になってしまいます。これは良さそうだと惹き付けられ、最後まで閲覧してくれる良質なページが望まれますし、ページの最後(途中にも挿入)にある購入入ボタンを圧してくれれば成功となります。そこまでの顧客側のストーリーを計算し尽くしたページが良質なものとなりますから、制作価格が高くても、売上げが多ければ如何ほどもものでもありませんから、質を重視して依頼しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です