ホームページのランディングページ作成にはテンプレートを参考にする

ランディングページとは、広告や、検索した結果などを経てウェブサイトを閲覧していた人が1番初めに目にするページのことを指しています。特定のページにウェブサイトを閲覧している人が着地するランドという言葉のイメージから名づけられています。ランディングページには、広い意味合いを指すことと、狭い意味合いしか含まないことがあります。初心者は特に両者の意味合いが、ごちゃ混ぜになりやすい傾向があります。ウェブマーケティングにおいて使われる機会が多いのは、狭い意味合いの方になります。ランディングページのことを充分に知っておくためには、まず広い意味合いと狭い意味合いの差を知っておく必要があります。

広い意味合いでのランディングページは、ホームページの中でもウェブサイトを閲覧してた人が1番初めにアクセスしたページのことを指します。最初にトップページにアクセスしたときはトップページが該当することになり、検索した結果、会社案内のページにアクセスしたときは会社案内のページが該当することになります。狭い意味合いでのものと区別するため、ホームページを制作する業者によっては入り口ページと呼ばれたり、集客ページと呼ばれたりすることがあります。アクセス解析を行う上で、ホームページのページの中で1番最初にアクセスされるページを知っておくことはアクセス数を増やすために非常に大切なこととなっています。

その一方で、狭い意味合いでのランディングページは、ウェブサイトを閲覧している人がアクションを起こすことを誘導する目的に特化している縦に長いレイアウトで作成されたページのことだけを指しています。これを、ホームページを制作する経験がない人が1から制作するのは非常に手間がかかる作業になります。そのため、株式会社ZEROでは、豊富なランディングページのテンプレートを用意して、自分の会社が売り込みたい商品や、サービスのランディングページを作ったときに、どのような効果を得ることができるのかをテンプレートを例にして、前もって知ることができるようになっています。取り揃えられているテンプレートは非常にバリエーションに富んでいるので、売り込みたい商品や、サービスに独特な特徴があったとしても、柔軟に対応することができるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です