テンプレートを使用した目を引くランディングページのデザイン

ランディングページを作ろうにも、そもそも何から始めてよいか分からない、という方の為に、ランディングページが簡単に作れるテンプレートがあります。テンプレートを使用すれば、Webデザインが初心者の方でも見栄えよく作る事ができます。無料でランディングページのテンプレートをダウンロードできるサイトもあり、ドラッグとドロップをするだけで自由に作成・編集ができます。
しかしながら、ただいたずらに画像を埋め込んだり、文字を入れたりするのでは見栄えも悪くなってしまいますし、バランスが整っていなければ読むユーザーも疲れてしまい、何を伝えたいページなのかいまいち分かり辛い、という残念な結果になってしまいます。ある程度のランディングページの基本枠組みからはみ出さないように、かつ文字の強弱をつけながら文字をバランスよく配置していくと分かり易いでしょう。例えばタイトルを大きくするのは基本ですが、その下のサブタイトルはどうするか、などのキャッチコピーも必要になってきます。タイトルも、ただ文字を大きくすれば良いものではなく、メリハリをつけてサイズを変えれば、例えば同じフォントで文字を羅列するにしても見栄えが変わってきます。また、文字をゴシック体ならゴシック体でページ全体を統一する、明朝体なら明朝体で統一する、という風にフォントにある程度の統一性をもたせたほうが、すっきりとしてユーザーにも伝わり易いかも知れません。
ランディングページデザインで必要なのは、文字だけではなく、もちろん画像も重要なものになってきます。メインの画像を何にするかは、ランディングページの顔であり、最も目を引く重要な要素となるでしょう。ページを目立たせたいがゆえにあれもこれもと画像を詰め込みすぎては、見る方が疲れてしまいます。まずはトップページをロゴ風で目立たせるのか、画像プラス文字で見せるのかを決め、ある程度のデザインの目処がたったら実際にはめ込んでみると良いでしょう。ロゴ風にするならば、少し変わったフォントを使用したり、文字をかなり大きくし、強弱をつけることで目立たせることが出来ます。例えば「日本の夏の涼ギフト」というタイトルにするのなら、間の「の」の文字を小さく、「夏」と「涼」をかなり大きめにすることで、同じ大きさで文字を入れるよりも印象がかなり変わってきます。画像をメインに持ってくる場合は、画像と文字のバランスが重要になってきます。画像をトップに大きめに配置し、その横左右どちらかにタイトルを入れるのでもインパクトのあるデザインになることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です