ノウハウに基づくランディングページのデザインの制作

コンバージョンを上げるために重要になるランディングページのデザインは制作するのにノウハウが必要になります。リスティング広告やSEO対策を駆使して何とかウェブサイトに来てもらうことができても、それから読み進めてもらえなければ意味がなくなってしまうのは明らかでしょう。ランディングページで一目見たときに受けたイメージが次の段階でああるスクロールを動かして読み進めるところに進んでくれるかどうかを大きく左右します。ただ印象が良くなるように制作しようと考えても必ずしも成功につながるわけではなく、客観的な分析を通してデザインを行うことが必須です。そのノウハウを蓄積していないというのであればアウトソーシングをするのが効果的です。

LPデザインの相場は十万円から二十万円程度になっていますが、ランディングページをの制作をどこまで依頼するかによって大差があります。企業内で考えた企画に従ってデザインを作り上げてもらうだけであれば十万円前後が相場です。しかし、そのフロントエンドコーディングまで担ってもらうとなると十万円を越えることが多く、二十万円近いことが増えます。それに加えて企画も含めたアウトソーシングを行うと二十万円は下らなくなり、三十万円以上になる業者も少なくありません。さらにコピーライティングや映像制作、写真撮影などを依頼したり、スマートフォン対応をもしてもらったりすると費用がかかるのは必至であり、包括的なアウトソーシングをすると六十万円から百万円程度が相場になります。

ただし、これはノウハウを十分に持っている業者にランディングページのアウトソーシングを図ったときの相場です。費用面を懸念して発注先を変えるというのであればフリーランサーにアウトソーシングを行う方法も選ぶことができます。デザインのみであっても制作を包括的に行うのでも応じてくれるフリーランサーのデザイナーやエンジニアを見つけることが可能です。相場はランディングページ制作会社よりも二割から三割程度は安くなるのが一般的ですが、実績がどれだけあるかに大差があることは気をつけなければなりません。ノウハウがあまりなくてデザイン的に劣ってしまうものができてしまうリスクも秘めていることを念頭に置いて利用することが肝心になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です