購入に到達させるためのランディングページのデザインのコツ

SEO対策を行ってアクセス数を稼げるようになっても、顧客が購入にたどり着かずに成約数が増えていかないということは珍しくありません。そのときに重要なのがランディングページのデザインであり、たとえそのページにアクセスしてくれてもすぐに他のページに行かれてしまうのでは意味がないでしょう。ランディングページの制作におけるデザインは成約数に直結する重要なポイントであり、着実に成果を上げられるようにするるためには工夫をする必要があります。ランディングページの制作にはいくつものコツがありますが、特にデザインに着目してみると重要なポイントが二つあります。

一つ目のコツはファーストビューの影響力を考えることです。ランディングページに来たときに顧客が見るファーストビューを最適化することは成約数を上げるのに大きな影響があります。ランディングページに飛んできた顧客は何らかの不安や要望を持って商品やサービスを探していると考えましょう。そして、ファーストビューでその答えを与えるためにあるページだとわかってもらえるようにすることが大切です。重要なのは一目で理解できるようにデザインすることであり、イラストや写真を駆使して顧客が抱えている問題について関連性が深く、その解決策を与えるための商品やサービスの紹介をしていることを認識してもらいましょう。文字は最小限に留めて、まずは情報が不足している状況で興味を持ってもらうようにするのが効果的な対策です。

二つ目に重要になるのが制約にこぎ着けさせるためのストーリー作りです。起承転結を考えて、ファーストビューから成約まで運び込めるようにデザインをするのがコツになります。ファーストビューから少し画面をスクロールさせると、顧客が抱えている問題を浮き彫りにするコンテンツが見えるようにしておくのが基本です。その内容に共感した顧客がさらに読み進めると、他の方法では解決が難しいけれど、ここで提供している方法なら解決できるということを示すように構成を行います。これが直感的にわかりやすいようにするのがデザインのコツであり、視覚的にわかるように画像を活用するのが重要です。そして、最終的にどうすれば契約できるのかを最後に記載するという形にしておくとランディングページを生かすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です