ランディングページは優れたデザインであることが大切

ランディングページのコンバージョン率を向上させるには、ターゲット層の特性をしっかり把握し、適切な構成を考える必要があります。しかしいくらキャッチコピーが良くても、デザインが悪ければ訪問者は早々に離脱してしまいます。そのため、ページのデザインセンスが優れていることが重要です。デザインが優れていれば、買う気持ちがなかったのについスクロールしてしまうということも起きます。特にサイトの顔とも言えるファーストビューは、購買意欲をそそるようなデザインが必須です。インパクトがあり、見た瞬間、次を読みたくなるようなページであれば理想です。

さらにランディングページでは、コンバージョンエリアのレイアウトに細心の注意を払う必要があります。コンバージョンエリアは、商品購入や問い合わせ、資料請求などのアクションを起こす場所です。このエリアのカラーは、アクションを促す色彩でなければなりません。訪問者がここでアクションを起こさないなら、他のエリアがいくら秀逸なデザインであっても意味がありません。ランディングページの目的は、あくまでも訪問者に商品の購入や資料請求を行ってもらうことです。そのためコンバージョンエリアは背景色を変えたり、枠で囲ったりすることで、特別なエリアだとすぐにわかるようにします。そして周囲には、気持ちを盛り立てるようなキャッチコピーを設置します。購入することで悩みが解決する、あるいは理想に近づくなどのキャッチコピーが適しています。どのような商品であっても、ユーザーはそれを買うことで、今の状況より良くなることを望んでいます。その良い状況をイメージさせることで、スムーズに購入に誘導できます。

またコンバージョンエリアには、メールアドレスや電話番号などの問い合わせ先情報を載せると、ユーザーの心に信頼感が生まれます。受付時間も記載すると、さらに良いです。そして購入のためのコンバージョンボタンのデザインも、重要な要素です。大きめで丸みを帯びたボタンは、人に安心感を与えます。さらにコンバージョンエリアの色彩にも気を配ります。ランディングページの色彩は、全体のベースとなるメインカラーとそれを引き立てるサブカラーから成り立っていますが、コンバージョンエリアのカラーは、それらと同系色にならないようにすべきです。ただし注意点として、ページ全体のトーンを壊さないようにします。ランディングページの特徴として、1枚のページで構成されているため、最後まで全体のブランドカラーから逸脱しないことが大切です。またデザイナーは、色彩心理学についても熟知していることが必要です。尚、ランディングページの制作会社ではデザイナーを募集していることが多く、提示されている条件も良いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です