ホームページ作成の重要ポイント!目を惹くランディングページとは

ホームページ作成やリスティング広告、SEO対策に経費をかけているのに、コンバージョン率のアップに繋がらないという声は珍しくありません。せっかく広告に費用をかけてユーザーを自社サイトに導いたとしても、最初に訪れるLP(ランディングページ)で離脱してしまえば費用は無駄になってしまいます。

売れるホームページ作成を目指すなら、LP(ランディングページ)は非常に重要な意味を持っています。LP作成にあたってまずやらなくてはならないのが、現状分析です。自社製品のターゲットとなる顧客について緻密に分析し、ペルソナを作るのは今や常識です。これをもとにユーザーが購買に至るまでの共感できるストーリーを作るのです。自社分析を行うことで自社に必要なキーワードを選定し、競合企業のランディングページとの比較分析によって、どの分野により力を注ぐかを明確にします。

こうした分析結果を基に、自社製品をアピールするための最適なストーリーを作り上げます。このストーリーを基にイラストや動画、漫画などを活用してユーザーの心を瞬時に掴むLPを作成するのです。LPは3秒以内にユーザーの興味を惹くことが必要だと言われています。その為には直観的にユーザーに訴えかけることが不可欠であり、イラストや漫画などは非常に効果的です。

中でもLPではファーストビューに気を配りましょう。最初に目に行ってきた画像で第一印象が決まります。ターゲットの理解を深め共感を持ってもらうため、イメージデザインや配色、フォントの選定に配慮が必要です。直観的な理解を深めるため、擬声語やシズル感を利用するのも効果的です。

このように作ったLPやホームページですが、作っただけでは不十分であり、むしろ作成後の運用こそが本番と考えていいでしょう。LPや広告の効果、サイトの各ページについて詳細な分析を行い、改善に繋げていくことこそがポイントなのです。こうしたことから、現代では売れるホームページ作成のためには、ただサイトを作るだけではなく運用も手掛ける業者が求められています。ホームページの作成を業者に依頼するのでしたら、デザインのみではなく、運用まで一貫してサポートしてくれるような業者を選ぶことをお勧めします。いくらデザインがカッコいいからと言って、そんな理由で商品を買うユーザーはいないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です