ランディングページとホームページ制作をどちらも行うとベスト

WEB集客には、ランディングページとホームページ制作という2つの方法がありますが、両者にはそれぞれの特徴があります。まずランディングページは、1ページをスクロールして読み進んでいくという形式が多く、制作者側が伝えたい順序で、テキストや画像を配置することができます。特にネットでの購入では、商品を直接見たり触ったりできないため、イメージしやすい商品画像を複数選んで使用すると効果的です。また、訪問者が途中で離脱しないように、読みやすいレイアウトにすることも大切です。ランディングページの目的は、商材の購入や問い合わせなどのコンバージョンに誘導することです。そのため、経験豊富なプロの制作会社に依頼すれば、コンバージョン率も向上させることが可能になります。ターゲット層の絞り込みなど、経営戦略の相談ができるというメリットもあります。また納期までの期間はホームページ制作に比べて短く、しかも料金もリーズナブルなことが多いです。そして制作後に最適化を行うことで、満足度の高いランディングページになります。

一方、従来のホームページ制作では、 ページ数を次々に増やしていくことで、検索エンジンから流入する訪問者を増加させることができます。訪問者に好まれるページを作成すれば、SNSなどでシェアされて、被リンクを獲得できるというメリットもあります。ただしホームページでは、ある程度の集客が見込めるようになるまでに、時間がかかります。さらにSNSでシェアされても、商品の購入者が増えるとは限りません。そしてたとえ被リンクを得ても、無駄になることもあります。その他、サイトの充実を目指した結果、商品やサービスの内容と、方向性がずれてくる場合もあります。

その点、ランディングページであれば、1枚のページ全体を統一することができ、自社のブランディングを行うことも容易です。しかしホームページがあると、企業としての信用度が向上するという点も見逃せません。現代社会でホームページがない会社は、マイナスイメージになることもありますが、しっかりしたホームページがあれば顧客も安心し、商品購入に躊躇する率が減ることが期待できます。従ってWEB集客で成功し、売り上げを伸ばすには、LP制作とHP制作両方を行うことがベストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です